小学生、勉強のつまずきはココから始まる テストの点数に執着する危険性

皆さんは小学生の頃、勉強は好きでしたか?

小学校では中学校や高校のような定期試験はなく、

覚えた所の確認をする為にテストがあります。

 

テストとは、わからない所を発見し確認して

わかるようにしていく為の1つの手段です。

 

ですので、小学生でも、何かをインプットした

のであれば、アウトプットの手段としてテストは

とても有効的です。

 

ところが、小学生のうちからテストの『点数』を

気にしたり、『点数を誰かと比較』してしまっている

人達がいます。

すると、どうなるのでしょう?

 

テストの点数に一喜一憂してしまい、

本来の目的である『わからない所をどうやって克服するか』

という点からズレていってしまうのです。

 

もちろん、点数は頑張って勉強した結果でもあるし、

点数を上げる事が勉強のモチベーションにも繋がるので

とても大切です。

 

でも、小学生のうちにもっと大事な事は、

勉強がおもしろいという感覚を身に付けることです。

 

分からない事がわかると面白いですし、自分で考えて

答えが出た時の知的興奮といったら最高ですよね!

また、自分の経験と勉強の知識が繋がった時の感動も

是非体験して欲しいものです。

 

では、どうすれば子供にそういう体験を

させてあげられるのでしょうか?

 

勉強が面白いと感じさせる為の秘訣は、超単純です。

 

【強制しない】事です。

勉強は【やる気×時間×質】で、結果が決まってきます。

やるきが“0”なら、どんなに頑張っても効果はありません。

 

そもそも勉強するのは子供です。

お母さんにヤル気があっても仕方ないんです(涙)

 

アナタもそうではないですか?

散らかった部屋をみて、「掃除するか~」と自らやるのと、

よ;やろうと思っていた矢先に「掃除しろよ」と

ご主人から言われてやるのとでは、気持ちが全く違いますよね。

 

「今やろうと思ってたわよ!」とか

「だったら自分で掃除すれば?」とか、

なんか反発したくなりますよね(笑)

 

お子さんも一緒です。子供がやる気を出すためには、

強制しては逆効果なのです。

 

ゲームのように自分からやるように

仕向けてあげる事が大切ですね。

 

「勉強しなさい」ではなく、「毎日勉強出来てえらいね」と

話しましょう。

 

「勉強しないと○○できないよ」ではなく、

「勉強すれば○○出来るよ」と話しましょう。

 

小学生時代に勉強することを習慣化し、“わからない”が“

わかる”になる面白さを実感する事ができれば、

勉強を苦と感じなくなります。

 

小さい頃から、ゲームのようにお手伝いをやらせたり、

プリントをやらせたりするのもいいですね♪

 

お母さん自身も、子供が自ら勉強をやるように仕向ける

ゲームだと思って、お子さんに色々と罠を仕掛けて

上げてください♪

 

 

送迎車で安心・安全
送迎車で安心・安全

送迎費無料

 

自宅前→塾→自宅前  

お家の前まで参ります

送迎車で安心!安全!通塾

 →詳しくはこちらから

 

申し訳ありません 送迎は現在  中断しています

小学生→迎え(16時頃~)

中学生→送り(22時頃~)

 

 

ただ聞くだけで、

記憶力、集中力、

読解力が付き、

頭の回転が速く

なる速聴を授業に

取り入れています。

→詳しくはここを

塾生対象 速聴CD

無料貸し出し実施中

 

 

 

無料体験された方には

全員無料進呈

  ●静岡県公立高校必須

   漢字帳(非売品)

  ●中学3年間全英単語

   ノート(非売品)

  ●IQテスト

(通常3,240円)無料実施

 

 

 

お問い合わせ

    電話

 054-265-2431
   受付時間 
 火曜日~土曜日

  13:00~22:00

 [土曜 9:00~18:00]

   (月祝休み) 

 

ファックス、メール

でのお問い合わせ

は24時間365日

受付しています

  

      ファックス 

  054-265-2436

 

   メールは  

    こちらから